運営チーム

​この活動は、人文系の若手研究者が中心となって運営しています。

 

文学作品やテレビドキュメンタリーを分析しているひとや、史料から言語生活の変化を炙り出すひと、フィールドワークやインタビューを通して、移住者のライフストーリーやアイデンティティの有り様を調査しているひとがいます。

専門とする分野はまったく異なりますが、生活者としての自分とその周囲への課題意識を強く持ち、切実な探究心を共有しています。

運営協力

かみいけ木賃文化ネットワーク

「足りないものは、まちをつかう」をコンセプトに、上池袋にある木造の賃貸アパートを舞台にアクションと場と人をつなぐプロジェクト。主宰は山本直、山田絵美。木造賃貸アパート「山田荘」とシェアアトリエ「くすのき荘」を拠点に、何かをやりたい仲間(木賃ズ)とともに、オモシロおかしく活動中!
ホームページ